一人治療院でも楽しく安定的に年収1000万円を目指せる効果実証済み集客経営手法をぎっしり詰め込んだ7日間コラム&動画と3つの特典を無料でお渡しします
登録することで以下の特典を受け取っていただきます

下記のフォームに「名前」と「メールアドレス」を入力するだけ!
入力後「メルマガ利用規約」にご同意の上
「メールセミナーに登録する」ボタンをクリックしてください。 必須の項目は必ず入力してください。

お名前必須
メールアドレス必須

小規模治療院が生き残る唯一の道は…

こんにちは、株式会社addwisteria、セラピストサポート代表の加藤 孝と申します。
もし、あなたが治療院の集客・集患に役立つ情報をお探しなら幸いです。


なぜなら弊社の7日間無料メールセミナーなら、机上の空論ではない"治療院現場で効果実証済み"のノウハウを、無料で学ぶことができるからです。しかも、わかりやすい動画、テンプレートなど具体的なサンプル、特別資料もお付けしています。

実践することで培われてきたノウハウは、あなたの治療院の新規集客においても、リピート対策においても、高い効果を期待することができるでしょう。


もちろん、誇大広告で集客したり、患者さんを無理矢理説得してリピートさせるようなノウハウではありません。
7日間の無料メールセミナーを通して、楽しく繁盛する治療院の「芯」の部分を気づきを得てください。

弊社の考える、小規模治療院が生き残るための手段は「芯の強い治療院」を作ることです。


現在の治療院業界の流れから考えて、これが小規模治療院を繁盛させる唯一の道だと考えています。

外部環境に左右されにくい芯の強さを持たなければ、いずれ危機的な状況に陥ります。
それが、5年後か10年後か、はたまた今年なのかの違いだけです。

治療院経営でこんな勘違いをしていませんか?

  • マジメにこつこつと3年頑張れば、患者さんは自然に増える
  • 長い時間サービスしないと患者さんは満足してくれない
  • 患者さんは治ってしまえば来なくなるし、治さなくても来なくなる
  • チラシや宣伝をすると流行ってないと思われて逆効果になってしまう
  • 技術があっても患者さんはわかってくれないから癒しのマッサージをするしかない

どうでしょうか?なにか当てはまることはありましたか?

これを読んでいるあなたは、治療院業界で実際に現場に立っておられることでしょう。
ですから実際に毎日肌で感じておられるわけですから、その考えや思い、経験は偽りではなく本当だと思います。

しかし、世の中にはたくさんの治療院があります。
上記に書いたようなこととは真逆の体験をされている先生も存在するのです。

例えば、

  • 開業わずか1年で月商200万円を達成する一人治療院
  • 施術時間20分。単価1万円でも喜んで治療を受けに来てくれる
  • こちらの指導通りに通院し、改善後も治療院を頼る患者さんであふれている
  • 自分に合った患者さんが集まり、やりがいのある毎日を過ごしている
  • 時間的、金銭的余裕を持ち、それらを勉強や家族との時間に使っている

こういった治療院経営されている先生が、弊社のクライアントにも多数います。

これまでの実績

  • 完全自費の一人鍼灸整体院が開業1年で月商211万越え
  • 60分2,980円の整体院が20分6,000円にして、売り上げも約6倍の119万円に
  • マンションの8階で看板も出せない整体院が半年で月商22万から87万
  • 月商40万が2年で月商249万スタッフ3名
  • 保険51万自費2万の整骨院を、保険12万自費83万
  • 月間新規数5名を1年で31名にしたカイロプラクティック院
  • 技術的なことを一切変えずに30%だったリピート率が5回目までほぼ100%になった鍼灸院
  • 完全自費化で月商8万円になった接骨院が半年で70万、1年後には121万に
  • 月商40万の雑居ビル1室の整体院が1年後に週休2日で126万を達成
  • 値引き集客を止め、初診を13,000円に値上げし自分に合った患者さんを集め47万から99万に
  • 開業半年で8万円だった整体院が1年で80万に。その後1年で132万に
  • フル稼働で30万の整体院が月間15日営業で121万円に
  • 100%保険診療だった接骨院が1年で完全自費移行に成功。売り上げも2.1倍の172万円に
  • これまで個別コンサルティングと塾で175名の治療院経営のサポート。

加藤会主宰

加藤会は集客塾を卒業された先生のみ入会が許される会です。現在70名の治療家が所属し、2017年中に100名にする予定です。集客塾で基礎を学び、加藤会で仲間と一緒に楽しく継続して成長していくことを目的としています。

実際のところ、集客塾の期間である6か月では数字はそれほどあがりません。
しかしこの加藤会に入ってからじわじわと成長してくる先生が多数おられます。塾の感想では70〜80万程度の売り上げになりました!と回答いただいている先生も、その後の加藤会で100万円を超えていくこと方が多いです。

僕のやりたいことは、この会を成長させていくことにありますので、塾は加藤会のプレ的な意味合いがあります。

セミナー開催実績

  • 初診の患者さんに納得して通院してもらうための問診・説明(講師:加藤)東京・大阪合計6回開催
  • ホームページから毎月10名集客するための基礎(講師:加藤)東京・大阪合計3回開催
  • 施術前に危険な症状を見分けるための鑑別(講師:夘野先生)
  • 患者さんを一瞬でファンにする問診術(講師:北田先生)
  • 新規集客倍増&スマホ対応(講師:新谷先生&加藤)
  • アメブロ集客完全制覇(講師:加藤)東京・大阪
  • 整骨院自費倍増ステップ(講師:加藤)
  • 治療院ブランディング構築(講師:北田先生)
  • 高く売ることが苦手な先生のための手書きPOP&単価アップ(講師:臼井先生&加藤)
  • 自費治療院チラシ集客(講師:加藤)
  • 自律神経失調症治療理論(講師:夘野先生)
  • 7つの違いセミナー(講師:加藤)大阪・東京・名古屋で合計22回開催
  • 整骨院自費移行セミナー(講師:加藤)
  • 小規模治療院3ステップセミナー(講師:加藤) 大阪・東京・名古屋で合計7回開催
  • その他の塾や勉強会も含め累計57回セミナー開催

これまでのクライアントの声

最初の講座で目指すべきものが明確になったので、いっきに加速することができました。4ヶ月目からは新規も増え、教えていただいたリピートの仕組みも出来ていたので半時後には月商100万を達成できました。ミスマッチを防ぐ方法も学べていたので、ストレスもなくなりました。
東京都 あん摩指圧マッサージ師

集客塾に入塾し私は救われました。なけなしのお金をはたいて藁をもすがる思いで参加したプレセミナー。「やるしかないからやるしかない」そう言われ入塾。結果、現在は売上も156%アップ。小手先ではなく本質を学べました。あの時の決断は間違ってなかったと今は言いきれます。
岡山県 整骨院

売り上げ安定化の仕組みを作りたくて入塾を決意。塾が始まる直前に過去最低の売り上げでした。それが8月は16日稼働で売り上げが76万円に。数字的には2倍になりました。この調子で週休2日で月100万を超える仕組みを作っていきたいと思います。一緒に頑張れる仲間ができたことも大きな収穫でした。
バランス整体扇町 山口先生

作り直し途中段階のホームページからも新規が来るようになってきました。6月は8名の来院。リピート率もあがってきているので、このまま売り上げもあがっていくと思います。何をやればいいかがわかって、迷子みたいな心細さがなくなりました。
武下 知憲先生 市川整体院

来院数を増やす、売上を伸ばすと言っても、そうするためには何をすべきなのかが分からなかった部分が解消されました。勝ち方を教えてもらえます。教えてもらえますが、それを自分が行動に移すか移さないか、そこの差だと思えるようになりました。
伯野 修次郎先生 はくの接骨院

今年の初めは廃業を考える危機的状況でした。開業当初は借金しても不安がなかったのですが、最近は貯金を切り崩していく恐怖でいっぱいでした。塾で見失っておたものが明確になり、以前のようなエネルギーが湧きました。危機的状況を脱し、開業12年を迎えることができました。
健友館横須賀整体院 橋爪 晴彦先生

技術的なことを一切変えること無く、飛躍的にリピートが増えたことで、「技術とはまた違う、経営という勉強をしないといけない」と考えるようになりました。集客塾に参加して間違いなかったです。
奈良県 山本達也先生 鍼灸院

以前、加藤塾のセミナーを受けて「この人なら大丈夫だ」と思い塾に参加しました。塾が終わった後でも、それは間違いではなかったと言い切れます。一緒に受講している仲間のほとばしる情熱に刺激され、売り上げも伸びてきています。
小林カイロプラクティック整体院 小林史典先生

リピート率は入塾前50%前後だったのが、70%に上がりました。小さな進歩ですが、これは問診のやり方を教わったとおりに実践している成果なのは間違いありません。チラシも以前の5倍の反応を出せるようになりました。
まごころ整体院 平出先生

開院当初より売上が下がり、入塾直前には新規が0人になってしまい、入塾を決意。塾で学んで、本当に診たい患者さんを月に15名前後は集められるようになり、売り上げも半年間で80万円まで伸びました。今までいかに場当たり的な考えで経営していたかがよくわかりました。
スタイル新伊丹整体院

月に5名も新規があれば御の字だったのが、約30名集客できるようになりました!とにかくお願いしてよかったの一言に尽きます。
滋賀県 村田昌美先生

開院より3か月半が経ち、159名の新患が来院し、 1ヶ月目 111万2560円。 2ヶ月目 146万3460円。 3ヶ月目 133万5070円。と、目標を達成することができました。
大阪府 鍼灸整体院

ほとんど売り上げもなくリピート率も悪く、なにをすればいいかまったくわからない状態でしたが、1ヶ月目で30万、2か月目で約50万まで売り上げを伸ばせました。リピート率も2回目で100%、4回目でも90%と飛躍的に伸ばすことができ、離脱も少ないです
大阪府 中川展志先生 鍼灸整体院

当院は駅から徒歩20分で住宅街一軒家で四畳半の鍼灸治療院ですが、今月の最高売り上げは、一日に5.2万円の売上も実現できました。
東京都 伊藤雅彦先生 鍼灸院

明確な目標ができ、それに向けてどのようにしていけば良いかを的確にアドバイスしていただきました。私一人ではなかなかここまで出来なったと思います。
三重県 松崎弘明先生 まつざき接骨院

始めて一ヶ月の段階で1~2割だったリピート率が5割に。自分ではリピート率の低さをなんとかしたくてあれこれ考えて、十分やっているつもりだったのですが、できていないことに気付かせてもらえて少々おどろいています。
兵庫県 中西厚先生 整体

集客塾に参加したことで、少々の壁にぶつかっても前向きに捉えることができます。それは加藤塾長をはじめ、過去の塾生達が苦労しながら立ち向かう姿を見せてくれたからです。自分ひとりでは失敗が失敗になってしまいますが、塾生と一緒なら失敗も成功への糧としてシェアできます。
神奈川県 齋藤祐一先生 さいとう治療院

経営者として治療家として自分の進む方向性を考える切っ掛けになりました。
埼玉県 坂本耕一先生 坂本治療院(マッサージ院)

一人整体院月商30万⇒月商120万(週休2.5日)
一人鍼灸院月商20万⇒月商100万(自宅)
一人整体院月商50万⇒月商100万
整骨院自費治療月商20万⇒月商70万
一人整体院・小顔サロン月商20万⇒月商100万(エレベーターなしマンション4階)

でも、私には無理なんじゃないか・・・

成功するための特別高い能力が自分にはまだない。 そうあなたは嘆くかもしれません。
では、治療院経営の成功には、そういった特別な能力が絶対に必要なのでしょうか?

治療技術の高さを武器に成功されている治療家はいます。
コミュニケーション能力の高さを武器に成功されている治療家もいるでしょう。


そういった先生が繁盛治療院を作りあげた一つの要因は、その能力の高さも関係したと思います。
では、そういった能力の高さだけが成功の要因ではないと弊社は考えています。

実際、成功されている先生を見てきてそう強く感じます。

私が見てきた限りで申し上げると、成功されている先生と、そうでない先生の差はそれほど大きくありません。
本当にちょっとしたことの積み重ねが大きく結果になって現れていることが多いのです


つまり、能力の差はそれほど気にしなくてもいいということ。

成功のエッセンスをたっぷり詰め込みました

ではどうすれば、小規模治療院でも成功できるのか?


これらについて、7本の動画とコラム、問診票、41チェックシート、チラシテンプレートをつけてお伝えいたします。
ここに小規模治療院成功の秘訣をたっぷりと詰め込みました。

ご登録は今すぐこちらから

下記のフォームに「名前」と「メールアドレス」を入力するだけ!
入力後「メルマガ利用規約」にご同意の上
「メールセミナーに登録する」ボタンをクリックしてください。 必須の項目は必ず入力してください。

お名前必須
メールアドレス必須
【メルマガ利用規約】

本プログラムにお申込み頂きますと、株式会社addwisteriaからメールマガジン等のご案内をお届けいたします。プログラムにお申込みいただいた場合は、この点にご同意頂いたこととさせていただきます。

第1条(規約の適用)
本規約は、株式会社addwisteria(以下「弊社」)が配信するメールマガジン登録を希望される方および読者登録を行った方(以下、登録読者という)に適用されるものとします。


第2条(規約の変更)
弊社は、会員に了承を得ることなく本規約の内容を変更することがあります。
本規約の変更は、ホームページに掲載した時点より適用されるものとします。
ユーザーが本規約の変更に同意しない場合、ユーザーの唯一の対処方法は、本契約を解約するのみとなります。


第3条(規約の遵守)
会員は、本サービスを利用するにあたり、本規約を遵守するものとします。


第4条(個人情報の取り扱い)
弊社が取得した会員情報は、本サービスの運営に資するためのほか、各種セミナー・勉強会の開催のご案内、出版物の講読のご案内、広告配信、連絡、アンケートなどの目的以外で利用することはありません。ただし、メール配信内容の向上のため、会員情報を統計的な資料として利用する場合があります。
弊社は、会員情報を、個人識別が可能な状態で第三者に提供しないものとします。ただし、以下のいづれかに該当する場合、会員情報を、第三者に対して開示することができるものとします。
(1)会員の同意が得られた場合
(2)法令等により開示が求められた場合
(3)会員に本サービスを提供する上で必要となる業務委託先に開示する場合
(4)その他、正当な事由がある場合


第5条(費用)
本サービスの利用は無料です。ただし、登録や退会などにおける通信にかかる費用およびメールを受信するために必要な設備、費用等は会員の負担となります。


第6条(会員登録)
登録希望者は、「登録フォーム」において必要項目を入力し、登録をした時点で、本規約の内容を承諾したものとします。
登録したメールアドレスに変更があった場合、会員本人が一度登録解除手続きを行い、再度新しいメールアドレスで新規会員登録を行うものとします。


第7条(登録内容の変更)
登録内容の変更を希望する場合、会員本人がホームページもしくは携帯サイト上の『メルマガ「登録解除」・「登録内容の変更」ページ』より、登録内容の変更を行うものとします。


第8条(配信)
弊社は会員に対して、メールマガジン、アンケート、広告を含む電子メールを配信できるものとします。
弊社は、本サービスに登録されたメールアドレスのみ使用します。


第9条(会員登録の解除方法)
会員は、随時本サービスを登録解除できるものとします。
登録解除を希望する場合、会員本人がホームページもしくは携帯サイト上の『メルマガ「登録解除」・「登録内容の変更」ページ』より、登録解除を行うものとします。

登録読者がメールマガジン登録を解除を希望する場合は、そのメールマガジンの登録解除フォームに自己のメールアドレスを送信することで、読者登録を解除するものとします。


第10条(会員登録の強制解除)
以下に該当する場合、弊社は当該会員登録を強制解除することがあります。

メールアドレスが第三者に利用され、登録した覚えがないのにメールマガジンが届いた等の苦情が届いた場合
メールアドレスに誤りがある、メールアドレスの使用が廃止されている、メールボックスが容量がいっぱいになっているなどの理由により、配信したメールマガジンが不達となったとき。
登録読者側のメールサーバの受信拒否または受信障害等により、メールマガジン配信に著しい障害があったとき。
メールマガジンが廃刊されたとき。
下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があったとき。
その他、弊社が会員として不適当と判断した場合


第11条(サービスの停止・終了)
以下に該当する場合、会員に承諾を受けることなく、本サービスを停止または終了する場合があります。

システムメンテナンスを行う必要が生じた場合
システムトラブル等で配信が困難な場合
火災、停電、天災等の不可抗力により配信が困難な場合
その他、本サービスを停止または終了するための合理的な事由が生じた場合


第12条(免責事項)
登録読者が一般メールマガジンで得た情報を利用するときは、それによって生じるすべての結果の責任を登録読者が負うものとします。

弊社は、本サービスにおいて開示された情報及び同情報のリンク先が提供するサービスの合法性、道徳性、著作権の許諾の有無、信頼性、正確性について責任を負いません。また、弊社は前記情報のリンク先が現存しているか否かについて責任を負いません。

また以下に該当する損害に対し、弊社は一切の責任を負わないものとします。

読者およびその他関係者が受けた損害。
一般メールマガジンから得た情報により発生した損害。
弊社の責任ではない理由により、弊社からの告知が登録読者へ伝わらなかったことによって発生した損害。
理由にかかわらず、メールマガジンの不配、未配、遅配、誤配または終了によって発生した損害。


第13条(著作権)
著作権法で定める会員個人の私的利用の範囲を超えて、本サービスにより配信された内容の全部または一部を無断で引用、転載、複製、頒布、出版することを禁止します。


第14条(禁止事項)
読者登録希望者および登録読者は、次に掲げることを行ってはならないものとします。

他人のメールアドレスを、その所有者の承諾なしに読者登録する行為。
不正に入手または生成した大量のメールアドレスを読者登録する行為。
何らかの手段で、弊社のシステムに障害を発生させようとする行為。
他者になりすましてサービスを利用したり、情報を改ざんする行為。
弊社の承諾無く本サービスを転用・売却・再販する行為。
その他犯罪に関わる行為あるいは法令に反する行為。


第15条(準拠法及び管轄)
本規約の準拠法は、日本法であり、大阪地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。