患者さんには絶対によくなって欲しい。 自分の売り上げだってもっと伸ばしたい。
だからしっかり通院してもらいたい気持ちでいっぱいだ。

なんだけど・・・

どうもリピート率が上がらない。 やっぱり次回の予約を取ることができない。

もしあなたがそんな治療家であるならば、是非この先を読んでください。
きっとお役に立てることと確信しております。

 

とある治療院経営者は悩んでいました。
ヤバイ、このままいけば治療院は潰れてしまう・・・

ほんの数ヶ月前まで順調に新規患者さんが来ていた。 でもここ数ヶ月、その数がみるみる減っていっている。

新規が来ているときはさほど気にしなかったが、どう考えてもリピート率が悪い。2回目に来院する患者さんは2〜3割だ。5回目まで続く患者さんにいたっては数パーセントしかいない。

このままじゃダメだ・・・

 

その経営者は治療院コンサルタントに依頼した。 理由はそのコンサルタントのブログに、治療院は技術ではありませんと書いてあったから。

そのコンサルタントさんの言うとおりに新規集客に取り組んだ。
でもいっこうに新規数は増えない。

こりゃ新規でなく、リピートが問題じゃなかろうか?
そう考えたその治療院経営者はそれをコンサルタントに相談した。

で、帰ってきた言葉は、リピートが悪いのは技術が悪いからです。

 

どっちなんだと。技術じゃないって言ったり、技術だって言ってみたり
いったいアンタの意見はどこにあるんだと

とその治療院経営者は言いたかった。

でも弱気なその治療院経営者はそう言えないまま、スタッフ一丸となって、とにかくアドバイス通りにやれることはやってみた。

しかし結局なにも変わらなかった。

 

そして最後に言われた言葉は
「加藤先生は治療家に向いてないのかもしれません」

 

講師ご挨拶

こんにちは、治療院専門集客コンサルタントの加藤です。上に書いたことは僕の体験談です。

 

僕は 過去に整体院を経営難から1度潰し、そののち開業した治療院・サロンも思うように売り上げがあがらない時期がありました。

特に治療院のほうは新規は来るのに、リピートしてもらえないという状態が続き、コンサルタントに依頼し、建て直しをはかりましたが、まったくもって効果がありませんでした。

結局僕は、自力で治療院のリピート率を約50日で飛躍的にアップさせ、 いっきに地域一番店を作り上げました。

 

その経験をもとに、2011年からコンサルティング業務を開始。

2012年には「治療院集客塾」を開講。

●リピート率2割売り上げ7万円を、4か月でリピート9割売り上げ80万にした自費治療院
●開業初月で売り上げ110万。半年で平均150万を達成した鍼灸整体院
●月間来院数70人だった整体院が5ヶ月で153人を達成
●45日で過去最高の売り上げを達成したベテラン鍼灸師
●1ヵ月で1割だったリピート率を5割にまで改善させた整体院
●チラシの反応率を6倍にアップさせ業績をV字回復させた整体院
●半年で実費診療を10倍に伸ばした整骨院

など多くのクライアントを成功に導くお手伝いをさせていただいています。

 

 

いったいなにをしたのか?

2〜3割だったリピート率を、50日で7割にまで上げたものはなにか?
ここさえ押せばなんでも治るツボを発見した!わけではありません。

やったことは、問診や説明を見直しただけ。技術的なことは一切いじっていません。

 

僕が普段行っているコンサルタントサポートは、短期間で売り上げを上げるという類のものではありません。でも、実際のところは短期間で一気に売り上げを上げるクライアントさんが存在します。

その多くが、今回のセミナーでお話する内容のことを実践したからなのです。

つまり、治療院経営全体を見た場合は時間のかかることが多いですが、こと問診や説明に関していえば、短期間でリピートという結果がでるのです。

 

リピートには様々な要因が関係します。
なので、これさえやっとけばそれでいいというものは存在しません。

でも敢えてなにが一番大事かというと、それは問診・検査・説明の3つ
ここさえできれば、少なくとも最初数回のリピートはかなり確保できる。

もちろん、それ以降のリピートにとっても大事

 

それぐらいやっとるわ!バカにすんな!
という先生はこのDVDを観る必要はありません。

でも、やってはいるけども、しっかりできているか不安。
やっているけども、こちらの思うようにリピートしてくれない

という先生は是非このDVDを観てください

 

はっきりいって基本中の基本をお話します。
なんで基本を話すかというと、ウルトラCなんて存在しないから。

 

基本をしっかりやれば、ちゃんと結果は出る。
でも実際のところその基本ができていない治療家がとても多いのです

それこそ、うじゃうじゃいるわけ。

 

勘違いしてもらいたくないのは、腕の未熟さを話術でカバーしましょう!
という趣旨のお話をするセミナーではありません

やるべきことをやらないで、患者さんと治療家の双方が損をする状態を作らないで欲しいからなのです。

 

ついでを言えば、リピートしない=技術が悪い と短絡的なアドバイスしかできないコンサルタントにつかまる前に、なんとか問診の基本を知ってもらいたいからです

 

 

信頼関係があればできるでしょ!と言われた過去

 

お客様の声をなかなか書いてもらえないんですが・・・

お願いすれば書いてもらえますよ。ちゃんとラポールが築けていれば、頼めばほとんどの患者さんが書いてくれますよ(笑)

 

患者さんがリピートしてくれないのですが・・・

ちゃんとした技術があれば、リピートなんて勝手にしてくれるでしょ?
技術はあって当たり前ですよ(笑)

 

僕は過去にコンサルタントとこんなやりとりをしていました。

いや、そのラポールってなによ?信頼関係ってこと?
それをどうやって築くのよ?そこが一番の悩みなんだけど・・・

技術があって当たり前?なんでもかんでも一発で治せるかっちゅうねん!

 

と、僕は激しく思ったわけです。

 

実際のところ、信頼関係を築ければ、お客様の声なんて頼めば書いてくれるでしょう。

でも、その信頼関係はほっときゃ勝手に築けるもんでもありません。

(実際のところはお客様の声は信頼うんぬんではなくテクニックで取れたりもしますが、今回はそれに関してのセミナーではないので割愛します)

 

リピートには技術も大切でしょう。それは否定するつもりはありません。

でもある程度の技術がある。でもリピートしてくれない。
そんな治療家が巷にはゴロゴロいるのです。

 

問診や説明というのは、信頼関係を築くために、自分の技術をしっかり出し切るために存在します。つまりここをしっかりやれば、上記の問題も解決に一歩近づくのです。

 

 

DVDの内容(収録時間:3時間40分・2枚組DVD)

 

ある2つのことができれば、技術がなくても高確率で5回リピートしてくれる。そのある二つのこととは

初回から概ね5回目ぐらいまでのリピートは、技術はあんまり関係ありません。

なぜそんなことが言えるのかと言うと、かつて僕自身の治療院で、施術前の段階で5綴り回数券をを約半数の患者さんに販売していたからです。

つまりある二つのことができれば、半数近くの患者さんが、施術の良し悪しとは関係ない施術前に、5回リピートしてくれることが確定するということ。

 

2〜3回しかリピートしてくれない患者さんを激減させる方法

施術後に「3日後に来てください」と言えば、そこそこの確率で次回の予約は取れます。でもその多くは2〜3回来たら、来なくなってしまうことが多いのです。場合によっては、予約を取ったにも関わらずキャンセルの電話をしてくる患者さんもいます

実は、これにはちゃんとした理由があります。巷に出回る問診・説明ノウハウはここを考えずに、「3日後に来てください」とただ言えばいい。止まりなので、その場限りのリピートにとどまってしまうのです。

 

改善率を上げ、改善しないことを治療家のせいにしない、本当の意味で二人三脚で治療にあたるための患者教育とは

改善率、リピート率、売り上げ。この3つを上げていくためには患者さんとの関係性は非常に大事なポイントです。でもこの関係性構築の基本的な姿勢を間違えれば、本来の治療以外の業務に追われる。改善率は低下する。改善しないことをすべて治療家のせいにされてしまう。といった事態に陥る危険性が増します。

そうならないためにも、あなたは問診・説明にあたるまえに基本的なある考えを自分の中で明確化しておく必要があります。

 

問い合わせはあるのに予約に至らない。その理由とは

問い合わせはちょくちょくあるのに、予約に至りません。その理由は電話応対にあるのかもしれません。多くの治療家、特に男性治療家は電話応対がまったくできていません。

この電話応対を変えるだけで、問い合わせ患者さんが予約患者さんになり、来院前からあなたに好意的なイメージを持ってくれることになります。

 

リピートしてもらいあなたのファンを作る3つの価値とは

価格を上回る価値を提供することができれば、患者さんはリピートしてくれますし、なにかあればあなたの治療院にかならず来てくれるファン患者さんになります。
ではその価値とはいったいなんなのか? をお伝えします

 

来院時から安心させ、「あなたの言うことを聞いていればいい」という信頼される状態にするためにすること

想像してみてください。あなたは言葉の通じない海外に初めて旅行に行きました。どうですか?安心ですか?不安ですか? おそらく不安があると思います。

そこで、その国のことをすべて知っていて、言葉も話せる友人が通訳として同行してくれるとすればどうでしょうか?きっとあなたはその人に頼り、その人の存在をありがたいと思うことでしょう。

それをあなたの治療院でするためにはなにをすればいいのか?をお伝えします

 

飛び込み患者さんに「今、いっぱいです」と言ってはいけない理由

飛び込み患者さんが来られても、時間が合わずに断ることはよくあることです。この飛び込み患者さんが再びあなたの治療院に訪れてくれる可能性は、実はそれほど高くありません。特に「今、いっぱいです」と帰してしまった場合はなおさらです。

こういった患者さんでも、対応次第で高確率で再来院してもらうことが可能です。

 

施術前からあなたの考えに共感し、説明や指導を素直に聞いてくれる患者さんを増やす、あるしかけとは

なにかあればあなたの治療院に必ず来る。そんな浮気しないファン患者さんを育てるための第一歩は施術前にすでにあります。

ここを大事にすることによって、数は少なくても、あなたの考えに共感してくれる患者さんをあぶり出し、しっかり育てていくきっかけを作ることができます。

 

問診票なんていらない。その理由とは

実は、治療院に仰々しい問診票・予診票なんてのは必要ありません
むしろジャマだと考えてもいいぐらい。

その理由についてお伝えします

 

問診票はこう活用しろ!

問診票はいらないと言ったり、活用しろと言ったり、どっちやねん!とお思いでしょう。

問診票にはデメリットもありますが、メリットもあります。
特にしっかりと問診ができていない治療院においては、問診票というのは、ある一定レベルまで問診スキルを高める効果があります。

ですので、問診票のデメリットをできるだけ少なくする、問診票の活用方法についてお伝えします

 

常識に囚われるな。問診票の意外な活用方法とは

多くの治療家は、問診票は患者さんの個人情報や、患者さんの体の状態について聞くためのものと決め付けています。

もちろん、それで間違いではありませんが、大正解とは言いがたい。

問診票はその特性から、治療院経営にとってプラスになる使い方がじつはあります。

 

問診をする本当の目的とは?

多くの治療家がやってしまう自分よがりな問診。 問診とはいったい誰のため、なんのためにおこなうものなのか。ここを理解しようとしないからリピート率が伸びません

 

 

だからリピートしてくれない。満足度の低い、独りよがりな施術になってしまう理由とは

近いからというような、他愛もない理由で来院した患者さんが、あなたに施術して欲しいという理由に変化させられるかどうか。これは、あることをヒアリングできているかどうかに大きく掛かっています。

これがヒアリングできれば、あなたの説明のすべてに説得力が生まれ、患者さんとの信頼関係構築にも大きく役立つことになります

 

なにげない一言が、一瞬で患者さんの反感を買う。患者さんの話を聞く際に絶対にやってはいけないこととは

良かれと思って言ったことが、思わぬ反感を買うことがあります
特に女性に比べ、男性はそのあたりのことがあまりにもできていません。

これらを防ぐために、患者さんろ会話する際には必ず注意しなければならないことがあります。

 

リピート率をアップさせる施術前の検査方法とは

本来、施術前の検査は問診での診断の確率を上げる、または確定させるためのものです。しかしそれは治療家側にとってのものであり、患者さん側からみれば、それは必ずしも正しくはないのです。

リピート率をあげるために施術前の検査で注意すべき点についてお伝えします

 

ほぼすべての患者さんが施術前に知りたいと思っていることとは

これをしっかり伝えてもらえないがために ライバル院に走る患者さんが増えます
事実、僕の経営していた治療院でもこれを理由に、近隣店から患者さんがたくさん流れてきました。

 

あなたの説明が響く患者さんと響かない患者さんがいる理由

たとえ同じような体の状態の患者さんでも、ある患者さんにとってはわかりやすく心に響く説明になるのに、別の患者さんにとってはまったく心に響かない説明になることがあります。

多くの治療家がやってしまうこの失敗。ここをきっちりすることができれば、目の前の患者さんにとってドンピシャの説明ができるので、心に響き、信頼関係を構築できるようにもなります。

 

整骨院で自費治療を受けてもらうためにするべきこと

保険外だからという理由では患者さんはなかなか納得してくれません。

じゃあ自費治療のメリットを伝えれば受けてくれるのかといえば、やはりこれもそれだけではなかなか受けてもらいないものです。

整骨院で自費治療を受けてもらうために、必要なことについてお伝えします。

ここを理解し、実践すればその月からでも売り上げは上がります

 

あなたがどれだけ一生懸命体の説明をしても、「ほっといたらひどくなりますよ」と忠告しても患者さんに響かない理由

同じ施術メニューを受けていて、同じような体の状態の患者さんに、同じように説明しているのに、その説明をよく聞いてくれる患者さんと、まったく聞いてくれない患者さんが存在します。

「このままほっといたら・・・」なんて感じに言うと、患者さんは聞いてくれると思っている人もたまにいますが、普通はあなたのそんな言葉には耳を貸しません。

むしろ、嫌な感じを受ける危険性もあります。
それは患者さん側に、素直に聞き入れてくれる準備ができていないからです。

その準備をするためになにをすべきかをお伝えしています

 

施術前からリピートを決意してもらうために、施術前に患者さんに説明すべきこととは

しっかりとした問診・説明ができれば、患者さんは施術前からリピートすることを決めてくれます。ただ、そのためには特に、施術前にあることを伝える必要があります

これを告げていないと、施術後に次回の予約をとる際に、あなたの説明が言い訳がましく聞こえてしまうことがあり、リピート率に響いてくるのです

 

あなたの施術の価値を最大限上げるために施術前にするあること

施術前にあることをすることで、あなたの施術の価値はあがります。なぜならば、人が価値を感じるときには2つの感じ方があるからです。

この考え方から逆算し、施術前にはあることをする必要があります。

 

なぜ初回のビフォーアフターに大した意味がないのか?

巷にはびこるビフォーアフターを見せて感動させましょう理論。
あれは間違いです。なぜなら患者さんはそんなものを求めていません

ではビフォーアフター見せるべきなのか?見せないべきなのか?見せるならいつ見せるべきなのか?効果的なビフォーアフターの見せ方についてお伝えします

 

痛みがぶり返したり、なかなか成果が上がらない時期でもしっかり通院し続けてもらうためにすることとは

施術直後はよくても数日後にはまた痛みがぶり返すことはよくあります。
また、最初の数回は施術効果が出ても、その後停滞期があって変化しない患者さんもいます。

そういった患者さんが、施術効果に不安を抱いたり、そのまま流出してしまわないように必ずしておくべきことがあります。

これをしておかないと、なにも言わずに去ってしまう患者さんが増え、去らないにしても、いざその場面に直面した場合、あなたの説明は患者さんにとっては言い訳に聞こえてしまいます。

 

ある回数からガクンとリピート率が落ちることを防ぐ方法

ある回数を境にして、突然リピート率が落ちることがよくあります。
これが起こるひとつの原因はあることを伝えていないためです。この突然のリピート率ダウンを防ぐために注意すべきことをお伝えします

 

しばらく通ってください。と言ってはいけない理由

患者さんに通院の必要性をしっかり説明することは、治療家の義務です。これを放棄して患者さんまかせにする行為は、治療家としての責任を放棄しているとも言えます。

しかし、だからといって「じばらく通ってください」ではダメなのです
なぜその言葉ではダメなのか?についてお伝えいたします

 

予約のキャンセルに隠されたやってしまいがちな失敗とは

かなり多くというか、ほぼ全員の治療家がやってしまっていることが、せっかく取った予約のキャンセルにつながっているのをご存知ですか?
これをやってしまうので、治ったからキャンセルする。治らないからキャンセルする。というどっちに転んでもキャンセルという最悪の事態がしばしば訪れます。

 

次いつ来ればいいですか?と患者さんの口から言ってもらう方法

多くの治療家が苦手な次回の予約の提案。 これを患者さんのほうから聞いてもらうためのめちゃくちゃ簡単なテクニックが実はあります。

 

患者さんがあなた任せにすることなく、治療家と一緒に治していこうと、自分の体に責任を持ってもらうためにすべきこと

患者さんを改善させるためには、治療家だけが頑張っても限界があることは、あなたも普段から感じていることでもあると思います。

患者さんと治療家が二人三脚で、改善へと一緒に進んでいくためには、どちらだけが頑張ってもやはりなかなかいい結果は出ません。

そこを納得してもらうために、治療家はなにを患者さんに伝えればいいのか。
ここについてお伝えします。実際、僕の治療院ではこれを伝えることによって、患者さんの意識や質は変わり、リピート率も高くなりました

 

   
  • リピート率が5割以下で悩んでいる
  • リピートはするが、2回〜3回で来なくなる患者さんが多い
  • 実費治療になると途端にリピート率が下がる整骨院の先生
  • 次回の予約を取ることに抵抗があって自ら取れない
  • リピート率が低くて、自信を失いかけている
  • 重症の患者さんをじっくりしっかり改善していきたい
  • しっかり治療したいのでこちらの指示通り通院してもらいたい
  • 患者さんに信頼される治療家でありたい
  • 新規に頼らない芯の強い治療院を作りたい

※今回のセミナーDVDは治療院向けになります。 癒やしが前提のサロンの方には少し内容的にズレる部分がありますのでご注意ください

 

セミナー参加&教材購入された先生の感想

 

これまで色々なセミナーに参加しましたが、加藤先生の説明が一番理解しやすく、なるほどと思うことが多かったです。
斉木将晴先生


これまでいろいろなセミナーに参加しましたが、加藤先生の説明が一番理解しやすく、なるほどと思うことが多かったです。

頭では理解していたつもりでも、改めてかみくだいて説明していただいたので、とても納得できました。明日から早速これまでのやり方を見直し、患者さんに対応していきたいと思います。実践できないような難しい内容ではなかったので、すぐにでも実践できると思います。

ありがとうございました。

 

なんのためにコレをやるのかというふうに、やることの理由まで説明していただき、大変役に立ちました。
深澤健一先生


問診から施術から後の説明までの、一連の流れがハッキリわかりました。また、なんのためにコレをやるというふううに、やることの理由まで説明していただき、大変役にたちました。

今までなんとなくなんとなくなっていた問診が、目的をもってできるようになると思います。できることは明日から活用して、リピート率アップ、固定客化につなげたいと思います。実践的なコンテンツをありがとうございました。

 

実際に実践することで「次はいつ来たらいいですか?」と患者さんのほうから言って頂けるようになりました。
ささ鍼灸院整骨院


リピート率をあげるためには問診を強化しなければいけないと悩んでいるときにこの教材を購入しました。
問診では症状以外に聞き出さないといけないとがあることを学びました。実際に実践することで「次はいつ来たらいいですか?」と患者さんのほうから言って頂けるようになりました。

今までなぜリピート率が思ったより上がってこなかったのかの理由がわかりました。大きなプラスになったと感じています。問診で何を聞けばリピート率が上がるのか悩んでいる先生には必見です。

 

 

予想以上のことを学ぶことができてたいへんよかったです。特に整骨院で保険にどっぷり浸かっていた方で自費を導入したい方は、患者さんの問診だけでなくその他の対応についても学べるのでお勧めします
ひがし整骨院 東 大輔


保険施術中心の整骨院から自費治療中心の整骨院になるために購入いたしました。 以前は、父から引き継いだ整骨院で1人で保険の患者さんを1日に40人ほど診ていました。しかし、昨今の患者さんへのアンケート調査や啓発文、競合店の増加により患者数も激減してしまいました。

それと整骨院の従来の保険請求のあり方にも疑問を持っておりました。それらの理由で自費でやっていける整骨院を目指しておりました。

そんな中で、保険ではなく自費施術で患者様に来ていただき、1日に10人みれば経営が成り立つ整骨院をめざしております。それを達成するために、どういった問診をすれば良いかを学ぶために購入しました。

加藤先生の教材で予想以上のことを学ぶことができてたいへんよかったです。例えば、電話対応など考えたこともなかったですが、そこから変える必要があることに気づくことができました。現在は、加藤先生にDVDでご指導していただいたことを意識して日々業務に取り組んでおります。

以前は、窓口で払っていただく金額が初診時に高くても1200円でしたが、現在は自費施術で初診4320円2回目以降3240円で繰り返しお越しいただいている患者さんもでてきました。

目標は、自費施術が売上の9割以上を占めることですので、まだまだですが希望が見えてきました。ありがとうございました。
特に整骨院で保険にどっぷり浸かっていた方で自費を導入したい方は、患者さんの問診だけでなくその他の対応についても学べるのでお勧めします。

 

感想

自費のメニューを売るのにとても抵抗がありましたが、患者様が納得して喜んで回数券を買っていただき、私の提案も素直に受け入れてくれて、問診が私と患者様をつなげてくれたのだなと確信しました。

恩多接骨院 小畠 征悟先生


加藤先生、問診DVD拝見させていただきました。
私は接骨院を開業し2年目ですが、保険をやめて自費診療に移行したいと思いました。しかし、問診やリピートにつなぐためのトークに自信がなく、患者様に納得して通院してもらうためにはどうしたらいいのかと悩みました。

このタイトルにひかれ、即買いしましたが、私が悩んでいたことや欲しい情報が満載でした。早速、それを落とし込み自分なりの問診トークをつくりました。
保険でやった来た私には、自費のメニューを売るのにとても抵抗がありましたが、患者様が納得して喜んで回数券を買っていただき、私の提案も素直に受け入れてくれて、問診が私と患者様をつなげてくれたのだなと確信しました。
まだ、改良するところはありますので、何回も見ていきたいと思います。
新しい気付きをどうもありがとうございました。

 

いかに問診ができていなかったか、患者さんの事を分かっていなかったが分かりました。見れば見るほど、聞けば聞くほど、細かな事に気づかされ学ばされています。


購入してから何度も、というか何度か見せて、聞かせて頂きました。見れば見るほど、聞けば聞くほど、細かな事に気づかされ学ばされています。

「欲を言えば、こうして欲しかった点」
・付属のテンプレートとDVDの内容に若干ちがいがあったので、補足説明が欲しかった(問診票の中の自動車保険のこと、問診前の自院理念や方針の資料が無い、ビフォアアフターの説明がない、など)。
・通勤や往診の時にも復習できるように、音声だけのCDやMP3などが付属すると嬉しい。

「良かった点」
・加藤先生はメリットだけでなく、デメリットも正直に教えてくれるので、どのコンサルよりも信頼できる。覚悟して取り組める。
・具体的に分かり易い言葉で説明してくれるので、理解しやすい。現場の内容を取り入れてくれている。
・関西弁でおもしろく、分かり易い。
・スポンジを絞ってから情報を吸収させる、の説明が印象に残った。
・患者さんの考えや、気持ちが良く分かった。ここに気を付けるだけでも、リピート率が上がると思う。
・患者さんが来なくなった理由から、来たくなる理由を出すのは、簡単ですぐに実行できる手法です。


いかに問診ができていなかったか、患者さんの事を分かっていなかったが分かりました。実は、無料動画で問診票を作って試した時から、リピート率が上がった気がします。問診票を変えるだけでも、患者さんの心を掴むんだな、と思いました。もっともっと問診術を取り入れてリピート率を上げていきたいです。
最近思うのが、問診術と集客術はセットで作り上げないと、効果が薄いという事です。今後は集客にも力を入れなければなりません。出来ることからコツコツしかないです。
まだまだ吸収しきれないので、擦り切れるまで拝見させて頂きます。<m(__)m>

 

ものすごく納得しました。リピートにはコミュニケーションや説明が本当に大事なんだなと思いました。


価値をもっと考えてみようかと思いました。ものすごく納得しました。なにげなくやっていたことが、意味ある行動だと再認識することができので、続けて実践してみようかと思います。

リピートはコミュニケーションや説明が本当に大事なんだなと思いました。今のところ一人で施術しているので、加藤先生のおっしゃるとおりコンセプトを明確にして、選ばれる治療院になれるようにやっていきたいと思います。

 

痛みのスケールだけでなく、他の検査や説明からもリピートを促せることがわかりました。鈴木一登先生


治療計画を伝えることが苦手だったのですが、未来を想像させてゴールを一緒に目指すというスタンスが患者さんのメリットになることがわかりました。

院でもVASを使ってリピートを促しているので、痛みのスケールだけではなく他の検査や説明からもリピートを促せることがわかりました。

 

問診票や検査がここまでやるの、という内容の充実ぶりだったので、自分でもできるところから実践していきたいと思います。
長谷川菜季先生


問診というか、施術までのプロセスを学ぶは初めてだったので、とても新鮮で勉強になりました。当たりまえの自己紹介などですら、今までできていなかったり、問診票や検査もここまでやるか!という内容の充実ぶりだったので、自分でもできることから実践していきたいと思います。

 

問診からクロージングまで具体的な話が聞けたので、
大変参考になりました。


小林カイロプラクティック整体院 小林史典先生


問診からクロージングまでの具体的な話が聞けたので、大変参考になりました。これまでは、なんとなくこうすればいいのかなぁ〜と思っていたことが、形にできたと感じています。明日から実践していきます。

 

エルンテ整体院 近藤順先生

自分の治療院で出来ていなかったこと、これからどんどんやったほうがいいことも分かり、参加してよかったです。

エルンテ整体院 近藤順先生


今日は大変勉強になりました。
自分の治療院で出来ていなかったこと、これからどんどんやったほうがいいことも分かり、参加してよかったです。

患者さんと二人三脚でやっていくのに、それが偏っていたり、足りなかったなと反省しております。またこのような機会があれば参加したいです。

 

施術者と患者さんの認識の差を、どう埋めていくのかを、どのように考えればいいのかがわかりました。
みらく鍼灸整骨院 樋渡聡介先生


かなり丁寧な説明をしていただいたと感じました。
自分の問診で出来ていなかったところ、忘れていたところ、新たに加えている点と、とても明確になりました。施術者と患者さんの認識の差を、どう埋めていくのかを、どのように考えればいいのかがわかりました。

特に女性への共感は男の自分との差がまだまだあると感じました。
明日からの施術時に活かしてゆきたいと思います

 

自分の施術での不十分な部分が見えたようです。流れが整理できてよく理解できました。


大変勉強になりました。自分の施術での不十分な部分が見えたように思います。また、先日他のリピートセミナーに出席しました。どちらに出ようか迷ったのですが、両方出てよかったです。大きな枠でとらえた先生のセミナーと、小さな枠でとらえたセミナーでふたつのことが学べました。

特に加藤先生の説明は、流れをしっかり説明してくださったので、理解することができました。今後に生かしていきます。

 

お申し込み前に必ずご確認ください

今回のセミナーでは、3つの点をご了承の上、ご購入ください。

 

1.患者さんの「診断」ができるようになるセミナーではありません。

診断権が治療院にあるかどうかは別として、今回のセミナーDVDでは体の状態を把握するための問診、診断という意味での問診については一切ふれていません。
そこについては僕はド素人なんでできません。

患者さんがどういった経緯でその症状に至ったのか?
どこがどんな状態だから、この患者さんの悪いところ、原因はこれだ。
なんて部分の問診について知りたいと思っている先生は、まったくもって収穫はありませんので、ご注意ください。

それ以外の部分、患者さんはこういうことを知りたがっていて、リピートしないのは問診時にこんなことをしてしまっていて、こんなことをしていないからです。

といった内容になります。

※ただし、特典として、診断に関する資料をお付けしています

 

2.基本的なことについてお話します

僕のセミナーは全てそうなんですが、今回も基本的なことが中心になります。
また、○○という言葉をいうだけでリピート率がアップします!
という内容でもありません。

なにをもって基本、なにをもって応用とみなすかは人それぞれですが、たくさんのセミナーに参加しているにも関わらず、それを実践せずに、もっと強力なものを!もっと即効性のあるものを!といった人には不向きですので購入しないでください

他にいくらでもそういった類のDVDはいくらでも販売されておりますので、そちらを観るなり、そういったセミナーに参加するなりしてください。

とはいえ、僕がこれまでに施術を受けた治療院で、僕の言うところの基本ができているところは、本当に少ないので、ほとんどの人にとっては気づきのあるセミナーDVDだと思っています。

 

3.画質はあまりよくありません

キレイな画質ではありません。音声はしっかり入っています。
画質レベルは以下を参考にしてください。

 

 

以上3点、お申し込み前にご了承願います。

 

 

このDVDの価格

DVDの価格は19,800円(税・送料込み)です。(2枚組DVD・収録時間3時間40分)

特に能書きはたれません。よくある先行割引や数量限定で煽ったりはいたしません。
小手先の偽りの文句を並べて売りたい商品ではないからです。

 

※このDVDは一部のポータブルDVD機などで再生できない場合がございます。
お使いの機器で再生できずに観るができない場合はご連絡いただければ、返金いたします

 

お申込みの流れ

まずは上記のお申込みボタン、またはこちらをクリックして、お名前やご住所などの必要事項を正確にご記入ください。

お申込みいただきますと、入金方法などを記載した自動返信メールが届きます。
迷惑フォルダに振り分けられている場合もございますので、そちらもご確認ください
10分経過してもメールが届かない場合は、お手数ですが再度お申込みいただくか、申込み完了画面に記載されているアドレス宛にご連絡ください。

入金を確認いたしましたら、弊社の2営業日以内に大阪より発送いたします。
発送いたしましたら、その旨を記載したメールを送ります。

発送のご案内メールが届いてから、5日経過しても商品が届かない場合は、なんらかのトラブルが考えれます。遠慮なくお問い合わせください。早急に対応させていただきます。

 

   

 

特典をお付けします

今回のDVDでは、問診に絶対に必要な「診断」の部分はお伝えしていません。
そこで、その診断に関する二つの資料を特典としてお付けいたします。

僕には説明できないので、鍼灸師の夘野先生に作成していただきました。

 

「外来における効果的な診断方法」PDFファイル(3885文字)

★仮説演繹法における診断への流れ
・現実的な鑑別診断のプロセスについて

★感度と特異度の利用ポイント

★仮説演繹法の手助けとなる手法
・疾患リスト想定の3C
・解剖学的な軸
・病態生理的な軸

 

「痛みのOPQRST」PDFファイル(533文字)

★疼痛疾患が主たる場合の質問の仕方のテクニック

 

この二つの資料は、ボリュームはそんなに多くありません。
でも、こんなこと言っちゃうとなんですが、本編より価値ある内容かもしれません

なぜならここまで分かりやすく、検査前診断の流れを解説しているものって、そうそうないからかです。

 

ただ、勘違いしてほしくないのは、これさえ読めば診断ができるようになる。
というわけでは決してないということ。そんなお手軽なものではありません

これは流れやポイントをまとめたもので、これを使って診断するとなると、結局はあなたの知識や勉強量が必要になります。

でも、ちゃんとこの特典資料に書かれている内容をマスターできるようになれば、かなりの確率で患者さんの体に起こっていること、病気の原因がわかるようになります(徒手検査もふくめて)

 

その他にも参考資料として以下の特典をお付けました

 

あなたの説明や指導をしっかり聞いてもらうための心理学
オンライン動画(Youtube) 29分34秒

 

治療院で患者さんに気持ちよく通ってもらうためには、あなたの指導や説明をしっかりと聞いてもらう必要があります。それを達成させるために、知っておいてもらいたい心理学的な要素があり、これを理解していると、患者さんとの信頼構築にとても役立ちます。

その心理学の基礎の基礎を29分の動画でお伝えします。

 

 

※このDVDは一部のポータブルDVD機などで再生できない場合がございます。
お使いの機器で再生できずに観るができない場合はご連絡いただければ、返金いたします

 

 

適切な問診・説明ができないことで起こるデメリット

このDVDでは問診(医療面談)についてはお伝えしておりませんので、正確には説明ということになります。この説明ができていなければ、あなたとあなたの患者さんはいくつかの損害を被ることになります。

まずひとつめは、あなたの治療院の売り上げが伸びない。ということ。
これはリピートしてくれないわけですから、容易に想像がつくと思います。

でもこれは、あなたが説明を怠ることで、あなたが被る被害なので、まぁいいのかなと思います。また、新規集客がうまくいっていれば、それでも治療院経営はうまく回ったりもします。

本当の意味で被害を受けるのは、実はあなたの患者さんです。なぜなら患者さんは貴重なお金と時間を使ってあなたの治療院に来院してくれています。適切な説明を怠ると、その患者さんはどう行動すればいいのかがわからないので、体も治らないし、その行動そのものがムダになってしまうのです。

そして、そんな治療家が患者さんから信頼を集められるわけがありませんので、結局、その代償はあなたに返ってきます。つまりあなたは、儲からない、信頼されない治療家からいつまでたっても脱却できないということ。

 

僕は常々言っていますが、芯の強い治療院を作るにはリピートは絶対不可欠です。
そしてリピートには技術だけではカバーしきれない部分がたくさんあります。

 

技術でしっかり勝負したいと思っている先生ほど、このセミナーDVDは観てほしいとおもっています。なぜなら、その技術を最大限活用するためにこのDVDの内容がぴったりだからです。

 

約90院の治療院で施術を受けた経験から感じていることは、多くの治療家が本当に問診をおそろかにしているということ。特に整骨院なんてほとんどができていません。

できるのにやっていない場合もあります。
できているつもりになっている院もあるでしょう。

いずれにしてもできていないことには変わりありません。

 

まずそこに問題意識を持ってください。問診をおそろかにする治療院なんて、もはやそこは治療院ではありません。
なぜなら、問診はあなたのためでもありますが、なにより患者さんのためだからです。

 

このページの途中にも書きましたが、このDVDでお伝えしていることは基本的なことです。これさえ言えばみんなリピートするなんてウルトラCではありません。

なので、患者さんなんてどうでもいいので、そういったものが知りたい。
なんて方は観てもしょうがないので観ないほうがいいです。

でも、自分のため、患者さんのため、しっかり問診をして信頼される治療家になりたい。
そのための基本ができていないと感じている先生は是非このDVDを観てください。

多くの治療家が、その技術や想いに合った信頼や、売り上げを得るための力になれれば思っています。

 

※このDVDは一部のポータブルDVD機などで再生できない場合がございます。
お使いの機器で再生できずに観るができない場合はご連絡いただければ、返金いたします

 


特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー
Copyright (C) 2012 セラピストサポートAll Rights Reserved