整骨院 整体院 鍼灸院 カイロプラクティック院など治療院の集客経営を学ぶ治療家のためのサイト

整体院の紹介カード

整体院の紹介カード
整体院開業したら、紹介カードを作りましょうと
前回の記事「整体院で紹介患者を増やすために」で書きました

この整体院の紹介カードについてよくされるのが
割引はしたほうがいいの?10分延長券とかのほうがいいの?とか
特典はどっちにつけるの?紹介した側?された側?両方?
といった質問

 

まず整体院の紹介カードに絶対に値引きしなければならない
という明確な根拠はありません

したけりゃすればいいし、したくなければしなくてもいい
ただ割引などの特典をつかったほうが反応がいいことだけは確かです

 

特典をどっちにつけるかですが
これは優先順位としては施術を受ける紹介された側が
もっともつけたほうがいいところです

 

これはまずなぜ特典をつけるのか?を考えてください

整体院の紹介カードで、紹介された側に特典をつける意味は
ひとつは紹介された人のため

特典があることによって、
それが整体院への来院のきっかけになるからです

そしてもうひとつは、実は紹介した側のためなんです

 

整体院を紹介するというのは、紹介する側にもリスクがあります。
たとえ自分はその整体院を気に入っていたとしても
それが紹介する人にとっても合うかどうかなんてわからないからです

紹介して治らなかったらどうしよう
そうなったら整体料金は安いものではないし申し訳ないな

という気持ちが働くんですね

 

特典がついていれば、私のおかげで整体料金が安くなったんだし
仮に整体施術が合わなかったとしても大目に見てよね

といったように少しだけリスクが減るので紹介しやすいのです

 

また、私が紹介したから安くなったのよ。感謝してよね
という気分に浸れるのが嬉しいという人もいます

そのための特典なんですね

 

なので、特典をつけるのであれば
まずはあなたの整体院を紹介された側の人に特典をつけてあげましょう

紹介した側は正直どっちでもいいかなと思います

 

紹介すれば自分にも特典がついてお得と感じる人もいます

でも逆にまるで特典欲しさに友達を売っているみたいで
特典がついているからいやらしくて紹介カードを使わない。
なんて人もいるのです

そういう理由で、紹介した側はどっちもでいいのかなと思います

 

あと、割引か、10分延長かという疑問なんですが
これは紹介されて整体院に来る側は割引のほうがいいです

理由は、その整体院に初めて来院するからです

 

初めてということは、まだその整体院のよさはわかっていません

わかっていない整体院で10分延長や、○○コースサービス
なんていわれても、もし合わなかったら全然嬉しくない特典になります

それを考えると、割引ならばどう転んでも
仮に整体施術があわなかったとしても使える特典なので
初めての人にとってはそちらのほうが魅力的です

 

細かいことですが、整体院にとって紹介患者さんの集客は
とても大事な集客方法になります

できることは細かくきっちりやって集客につなげてくださいね
治療院・整体院・整骨院・鍼灸院・マッサージ院・カイロプラクティック院・リラクゼーションサロン向け集客経営無料7日間メールセミナー

ホーム | コンサル | 無料メールセミナー

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る