暇な治療院がやるべきこと

あなたの治療院は暇ですか? それとも患者さんの予約でいっぱい? この記事は、実は暇はラッキーなことやでーってことを書きました。暇な接骨院、鍼灸院、整体院などの先生は是非読んでください。

先日、整骨院を閉めて自費整体院を開業された先生とお話する機会がありました。

「予想はしていたものの、その予想を上回る暇さに焦ってきました」と、その先生。僕は、暇なら今のうちやれることやっておいたらいいじゃないですか。とその先生にお伝えしました。

これって気休めでもなんでもなくて、本当に僕が思ったこと。時間ってめちゃくちゃ大事で、その時間があるって実はラッキーなことなんです。だからそれをそのまま伝えたわけ。

でもその先生から返ってきたのは、「なにをすればいいかがわからない」というセリフだったんですね。うん。そうですよね。僕の塾に参加してくださっている治療家の多くも同じようなことをそろって口にします。「やる気はあるけどいったいなにをすればいいかがわからない」と

っちゅうことで、今回の記事は治療院が暇なときにやるべきこと。について

繁盛していない暇な治療院がやってしまうこと


まずはもっとも多い失敗例で、そしてもっともやってはいけないこと。それは、暇になってから、「さぁ、なにかしようか」と考えてしまうことです。あなたも心当たりありませんか?
経営している整体院に患者さんが来ない

なにかしなければ潰れてしまうと焦る

考えてもわからない

とりあえずパソコン開いて気になる単語を検索

運よくモチベーションを上げるなにかを手にいれればいいが、ほとんどの場合ネットサーフィンで終わる。

気が付けばyoutube鑑賞

あっという間に2時間経過。

あぁ、今日も暇だった。いつになればウチの院は繁盛するのか…と不安になる

もう最悪パターンですな。でも実際のところこれに陥っている治療院は多いです。

僕に経営難で相談される先生に「解決策はなにをしていますか?」と質問すると、結局焦っているだけでなんにもしていないことが判明することがほとんど。それじゃあいつまで経っても患者さんは来ない。これは絶対に避けたい状況です。

 

経営難を立て直すためになにができるかを書きだす


この最悪な状況にならないためにすべきことは、予めやるべきことを決めておくことです。

なんや、そんなことかいな。とあなたは思ったかもしれません。そう、いたって単純、そしてすこぶる簡単。でも多くの人ができてないことなんですね。

例えば、あなたが新規患者さんが少ないという問題を抱えているとします。これは暇な治療院であれば、ほぼ間違いなく抱えている悩みだと思います。

黙って待っていても新患さんが来るはずありません。だってもしそうなら、とっくに来ているはず。今現在そうなっていないのであれば、それはこれまでのやり方が間違っているか、もしくはなにもしていないから。

では、その新規患者さんがどうすれば来てらもえるのかを考えてください。といっても動けないですよね。それができればとっくにやっている。

なので、まずは新規集客にはどんな種類があるかを考えます。なんでもいいのでとにかく新規集客の手段を、片っ端から書きだしてみてください

今回の自費整体院の先生だと、こんな感じ。

チラシ、ホームページ、MEO、ブログ、LINE公式アカウント、ポータルサイト、Facebook、Instagram、地域情報誌、近隣店舗営業、院前集客、紹介なんて感じでいくつか出てくるはず。もちろんもっと細かく出そうと思えばまだまだいくらでも出ます。

例えば、チラシにはポスティングもあれは新聞折り込みもあるし、手渡しだってある。ホームページだってやることは無限にあるし、院前集客だってそう。出そうと思えばもっともっと出てくる。

とにかく考えうる新規集客の手段を細かく書きだすんです。

さらに細かく具体的な新規集客の行動を書きだす


新規集客の手段が書きだせたら、次はさらに細かく具体的な行動を書き出します。例えば、ポスティングチラシを例にとってみます。

ポスティングチラシで集客するのであれば、まず反応率の高いチラシを作成する必要があります。反応率の高いチラシを作るには、「誰に」「なにを言う」のかを決めなければなりません。

「誰に」を決めることができれば、その「誰」にあたる人が、

  • どんな悩みを抱えているのか
  • 従来の治療院や病院にどんな不安や不満を持っているのか
  • どんな自分になりたいと思っているのか。叶えたいことはなにか

などを知る必要があります。

次はヘッダー部になにを書くか。写真はどうするか。そのすぐ下にはなにを書くか。オファー(初回割引など)はどうするか。などなど、チラシ内容だけでもいくらでもやるべきことが隠れています。

内容だけにとどまらず、どこに配布するのか。どの時間帯にどこに配布するのか。どんな工夫をするのか。それだって書きだせていくはず。

これらはいっきにやらなくても空いた時間で、それぞれこなすことが可能です。

  1. まずはなにをすべきを書きだす。
  2. 空いた時間にそれをこなしていく。

これをひたすら繰り替えせば、時間なんてのはいくらあっても足りないと思いませんか? っちゅうか足りないです。

もちろん、これはポスティングチラシだけではなく、他の手段においてもすべてやります。そして治療院経営はなにも新規集客だけではありません。リピートに関することもあれば、院内環境に関することだってあるわけです。

つまり、やるべきことは本当に無限にある。ちゃんと出していけば、やることがない、なにすればいいかわからない、なんてことは普通は考えられないのです。

治療院経営は失敗があって当然


「こんなことをすればどうですか?」と、なにかをすすめると「それはもうやったけどダメだった」という先生がいます。

一度行動されているという時点ではとても素晴らしいですが、1回で諦めるのはもったい場合が多いのです。主宰する集客塾の塾生さんの事例でこんなことがありました。

チラシを新聞折り込みで8000枚配布したけど、1名しか来院しなかった。そこで、自分で500枚ほどポスティングしてみたら、3名集客できた。という事例。

母数が少ないのでたまたまの可能性もあります。しかし諦めずに方法を変えてチャレンジしたことが、違った結果に結び付いたことは紛れもない事実です。

他にも、チラシに赤ペンで丸を付けくわえただけで反応率が何倍にもなった。という事例もあります。これだって1回で諦めず、チャレンジした結果です。

試しもせずにダメに決まっている!と決めつけるのは論外ですが、すぐに諦めてしまうのもめちゃくちゃ損しています。きっとあなたも損をするのは嫌だと思います。だったら諦めずに方法を変えてチャレンジすることを意識してくださいね。

治療院が暇なのは悪ではない

どうですか? 暇な時間を行動で埋められそうですか?

ここからは余談になりますが、僕自身の価値観だと「暇」はすごくいいことだと考えています。

  • 貧乏暇なし
  • 貧乏暇あり
  • 繁盛暇なし
  • 繁盛暇あり

どれが一番いい状態かは人それぞれだと思うけど、僕は繁盛暇ありを目指すのがいいと思っています。だって暇がないと余裕もなくなるし、肉体的にも精神的にもしんどいですから。

主宰する塾やコミュニティでは週休2日、6割稼働をすすめています。それだけ時間的に余裕を持った状態で得たい売上げや収入を手に入れようぜ! ってことを伝えているんですね。そして実際にそれを達成している先生は多い。

そのためにはやるべきことはたくさんあります。決して簡単ではないです。でもそれを実践している先生がたくさんいるわけですから、あなたにだって必ずできます。繁盛暇ありに魅力を感じるなら、この記事に書かれたことを参考にして、今できることを粛々と実践していってくださいね。

11,245人の治療家が受講、そして実践。売上を2倍、3倍と伸ばしている治療院の集客バイブルを無料プレゼント!今すぐクリックして登録。